本番に備えたい!結婚指輪の交換時に失敗しないための対策

結婚指輪のサイズを交換前に要チェック

結婚式が盛り上がるイベントの一つが結婚指輪の交換でしょう。そこで事前に指輪交換がきちんとできるかどうかリハーサルを行わないと、結婚式当日に失敗する場合も考えられます。結婚指輪がきちんと指にはまるかどうか、少なくとも一度は指にはめて確かめた方がいいですね。また当日は指がむくんで指輪が入らないトラブルの可能性も考えられます。式前に最終的なチェックをすれば、結婚指輪の交換の場で失敗はまず心配がないでしょう。

ネイル装飾が指輪交換で問題になる点に注意

指輪交換時に意外と失敗しがちであるのが、ネイルが邪魔になって指輪がはめられないトラブルです。結婚式では新婦が華やかに身を飾るため、指先にネイル装飾を施す事もよくあります。しかし大きなネイル装飾を指先に施すと、ネイルが大きすぎて指輪交換に問題が生じます。例えば指輪をはめる部分はネイル装飾を控えめにするなど配慮が必要でしょう。ネイリストに事前に相談すると、指輪交換に備えて適切なネイル装飾を施してもらえますよ。

指輪交換時のグローブの扱いには配慮

結婚式の服装では、神父のファッションの一つとしてグローブを身につけることが多いですね。結婚指輪の交換の際にグローブが邪魔になるなら、その場で外さなければなりません。グローブを付け慣れていないと指輪交換時に手間取りがちなため注意しなければなりません。そこで、あらかじめ指輪交換を想定してグローブのつけ外しをリハーサルで練習するか、あるいは指先が露出していてそのまま指輪交換ができるグローブを選んだ方がいいでしょう。

結婚指輪は婚姻の証しとして二人がつける指輪の事です。左手薬指に着けるのが一般的でペアデザインが多いです。