夫婦の愛の証!おそろいの結婚指輪ができるまで

まずは結婚指輪を見に行こう!

結婚した男女が購入する結婚指輪。左手の薬指に光るその指輪は女性の憧れでもありますよね。でもいざ指輪を買いに行くとなると、どこに行けばいいのか迷うと思います。そんな時は、まず知り合いに聞いてお店を教えてらうという手があります。実際に行ってみてどのような段取りだったか、話やすい店員さんはいたか等、詳しく知ることができます。また、インターネットでももちろん検索すれば近所のジュエリーショップが探せますので、口コミを見て行ってみるのもいいでしょう。

指輪のデザインとサイズを決める

そしてお店に行ってみると、まずはデザインを決めることから始まると思います。基本的に男女でペアの指輪がほとんどです。ごくまれに、指輪Aの女性用と指輪Bの男性用という風に、それぞれ気に入ったデザインで選ぶこともあるので、そこは自由に決めるのが良いのではないでしょうか。デザインが決まったら次はサイズ選びです。サイズは、色々な太さの指に対応できるよう細かく作れるので、店員さんが持ってきたリングのサンプルで自分の指に合うものを選びましょう。緩すぎてもきつすぎても良くないので時間をかけて慎重に決めまることをおススメします。

受け取る日取りが決まる

好きなデザインを決め、サイズも合わせたら後は製作に入ります。出来上がるまでの日取りが決まると、受け渡しについて相談します。この時、少し無理をして自宅から遠いお店で作ったりすると、宅配になるのですが、この宅配で万が一のことがあると不安で仕方ないと思います。なるべく、直接再度お店に行き、受け取るのが一番確実ではないでしょうか。そして受け取りの日が来て、二人でたくさん相談して決めた指輪はこの世に二つとない、大切な宝物になることでしょう。

最上級の愛情表現の手段と1つの言ってもよいでしょう。プロポーズと同時に婚約指輪を送られた女性は人生最大の幸せに包まれます。値段の高さでなく「喜んでもらいたい」という気持ちが嬉しいのです。