プライベートアイランドで行う少人数のウエディング!!

プライベートアイランドで

仲のいい友人だけを招待した少人数のウエディングでは、海外という選択肢もありでしょう。海外のプライベートアイランドで自分たちにしかできない結婚式を実現させましょう。豊かな自然と、深い森に囲まれたリゾート地、歴史ある邸宅の広い庭園を利用してウエディングは、空気がカラッとして、森から吹いてくる風が心地よい地域を選ぶといいですよ。庭の中心に二人が結婚の誓いをサインするための白いテーブル、テーブルの上にはバラの花びらをたくさんちりばめ、その周りを囲むようにゲストチェアを並べましょう。

親しい仲間と至福の時を

広大な敷地に立つ邸宅の横にはテントを設け、緑の中に広げられた映画のワンシーンにように開放感のある空間を作り上げるといいでしょう。ゲストがくつろぎながら食事を楽しめる空間とし、白いテーブルクロスとチェアカバーの背には緑のアイビーを飾り、ナプキンにもアイビーを一枚さりげなく置いてみましょう。お昼過ぎからはじめ、夜はカクテルパーティーを開けば、プライベートアイランンドでの至福の時間が流れるでしょう。結婚するなら南の島で親しい仲間だけでと考えているカップル向きですよ。

白バラをうまく使い分けて

ブーケも白バラとアイビーというシンプルなものに、リボンでまとめたものでも十分です。白バラといっても青白いものからクリーム色までありますし、グラデーションになっている品種もあるので、会場全体を作りあげる際に使い分けましょう。ブーケとテーブル装花はなるべく同じ花を使うことで統一感がだせますよ。ウエディングケーキは少人数向きのシュガーアイシングゲーキにするといいでしょう。一段ですが生花をあしらうことでボリューム感が出せますよ。

近頃は大々的に披露宴などを行わず、結婚式なら親族のみという考えの方が増えてきているようです。一昔前では考えられませんが、もはや結婚披露宴などは時代遅れなのかもしれません。