大きな集合写真も安心!子供の写真を大切に保存

フイルムタイプのアルバムで保管する

写真を撮影するとプリントするでしょう。デジタルカメラでもプリンタで印刷をして保管することがあります。最近のアルバムは、L版の用紙やパノラマさイプを保存できるポケット式のものが多くなっています。子供の写真では、学校などで少し大きなものを配布してもらえることがあります。せっかくもらっても通常のアルバムでは保存することができません。その時にはフイルムタイプのアルバムを利用します。のりが付いていて、大きな写真から小さい写真までを保存できます。

スキャナで読み取り縮小して保管

子供が学校に通っていると、入学式、遠足、始業式などに集合写真を撮ります。それらの写真は、希望者に配ってくれることもあれば、購入できる場合があります。配られて驚くのが通常よりも版が大きいことです。そのために普通のアルバムでは保存できない場合があります。定期的に診たいなら、まず写真をスキャナーで読み取ります。そして普通版に縮小して印刷をします。それで保存をすれば通常通りに保存ができます。原本はきちんと別に保管しておきましょう。

特別な額縁に入れて保管

何かの賞を取ったりすると、表彰状などをもらえることがあります。普通は紙を筒に入れた状態でもらえます。もしそれを飾りたいなら、専用の額縁などを買ってきて、それに入れておきます。常に家族でその時の栄誉を確認することができます。子供が学校で集合写真をもらってくることがありますが、版が大きいために保管が難しいことがあります。その時は、額縁などに入れていつでも見られるようにしておく方法もあります。色があせないように注意してあげましょう。

スクールフォトの撮影にこだわるには、有力なカメラマンが揃っている写真館の料金体系やスケジュールを確認することが必要です。